サケの赤ちゃんが生まれたよ!

今年も、由良川にサケを放流する事業に参加してサケを育てています。1月7日に、サケの卵を水槽に入れました。それから約2週間が経ち、今朝、園に来てみると卵から可愛い赤ちゃんが誕生して水底に集まっていました。昨年よりも誕生が遅く心配されましたが、100匹の卵から97匹の赤ちゃんが生まれました。「見て見て!サケの赤ちゃんが生まれたで!」と子ども達の声がしました。お腹に大きな袋(さいのう)があり、栄養がいっぱい詰まっていて、袋がなくなるまではエサは食べなくても大丈夫です。3月に年長の子ども達が池内川に放流するまで、大切に育てたいと思います。