SSTを活用した保育(もも組)

もも組でSSTを活用した保育を行いました。<活動>動物おひっこしゲーム <活動のねらい>友達とルールのある遊びを楽しむ。初めに、遠足で行った福知山動物園で出会った動物について話し合いました。次に遊びの紹介をしては、約束を決めました。➀話をよく聞く②笑顔で楽しむ。続いて、遊び方を保育者がモデルになって教えました。その後、グループ毎に絵カードを選んで座り、担任が示したカードと同じ動物のカードを持った子が、「ひっこし」(移動)をしました。「ひっこし」のスピードを遅くしたり、速くしたり、ケンケンで「ひっこし」をしたりしました。次回は、新しいルールも加えて遊びを発展させていきたいと思います。