SSTを活用した保育(きく組)

きく組で、SSTを活用した保育を行いました。<活動>じゃんけん遊び<活動のねらい>友達とのやり取りや、集団遊びの楽しさを味わう。初めに、遊びの約束を決めました。➀話をよく聞く②友達と声を合わせる③仲良くする(皆で話し合って決めた約束)次に、担任から遊び方を話しました。やり方の見本を示して、「最初はグーで始める「あと出しじゃんけんはしない」途中で じゃんけんを変えない」等のルールを確認しました。そして、いよいよ活動開始!最初は相手を見つけて二人組になり、じゃんけんをしました。じゃんけんの勝敗で、ジャンプをしたり、くぐったり、手押し車をしたりしました。次にグループに分かれて、「じゃんけんカード」を使って、担任対グループでじゃんけんをしました。どれを出すかはグループの中で相談して決めました。振り返りでは、「負けたけど楽しかった!」「先生や〇〇ちゃんとじゃんけんして楽しかった!」等の感想を発表していました。次回は、じゃんけんのバリエーションを広げて楽しみたいと思います。