SSTを活用した保育(もも組)

もも組で、SSTを活用した保育を行いました。<活動>フルーツバスケット<活動のねらい>〇遊びの楽しさを共有する〇遊びに意欲的に参加する初めに遊びの内容やルールを知らせました。約束は、〇椅子にしっかり座る。〇ぶつかった時は謝る。次にグループ(もも・りんご・ぶどう・ばなな)を決めました。自分でなりたいグループを決めました。そして、いよいよ活動開始!子どもたちは、ルール守って遊びを楽しんでいました。子ども達が飽きないように、途中で新たなルール(グループを交換する・全員が一度は鬼になる等)を付け加えました。最後に活動の振り返りをして終了しました。フルーツバスケットは、みんなでわくわくドキドキドキながら遊べる楽しい活動です。今後も遊びを発展させながら続けていこうと思います。