SSTを活用した保育(うめ組)

うめ組でSSTを活用した保育を行いました。活動名は、<ボール運び>で、活動のねらいは、<友達と話し合いを経験し協力する。>です。最初にみんなで、遊びの約束を確認しました。約束は①みんなで話し合う②友だちと協力する。次に、遊び方のルールをモデルを通して教えました。そしていよいよゲーム!4グループでくじを引いて、ボールを運ぶ物を決めました。運ぶ物は、新聞紙・ナイロン袋・おぼん・タオルの4種類です。各グループで、「どうすれば、上手に早く運べるか?」を皆で話し合いました。それぞれのグループで良い方法を考え、実際に運ぶ練習をやりました。そして、いよいよスタート!ペアで物にボールを載せて走り、コーンを回って次のペアにバトンタッチ!どのグループも一生懸命!2ゲームして途中に作戦会議を挟んで更に良い方法を話し合って3回目にチャレンジ!子ども達が話し合いを重ねて、次々とアイデアを出し合う姿が印象的でした。