紙コップでロケットを作ったよ!(ゆり組)

今日は、ゆり組で教育実習生の公開保育を行いました。内容は、製作で紙コップを使った「ロケット」を作りました。始めに、ロケットの写真を見た後で、ロケットについて知っていることを話し合いました。次に、ロケットの絵本の読み聞かせをしました。そして、いよいよロケット作り。切り込みを入れた紙コップに輪ゴムを十文字にかけました。次に、ロケットの窓◯と翼を引っ付けてロケットが完成!その次は、もう一つの紙コップに好きな絵を描いて発射台を作りました。ハサミで窓の形を切って作ったり、翼をテープで貼り付けたりする細かい作業があり、子ども達は、教え合いながら作っていました。できあがったロケットをベランダで飛ばして遊びました。「わぁ、とんだ!と嬉しそうな声があちこちから聞こえてきました。