SSTを活用した保育(うめ組)

うめ組でSST活用した保育を行いました。活動名は「ふれあいあそび」、ねらいは「友達との関わり方を考える。遊び方を考え、変化させる。」です。始めに、みんなで遊びのルールを確認しました。遊びの内容は、2グループに分かれて、笛が鳴るまで「トンネルくぐり」をする遊びです。同じ子どもの股の下を繰り返しくぐる子もいれば、次々と別の子どもの股の下をくぐる子もいました。次に、子どもから出た意見(アイデア)を元に、馬やワニ等の動物になって、乗り方を考えて(上に乗る等)遊びました。体と体を触れ合わせ、楽しく遊ぶことができました。まとめに感想を発表し、最後はトンネルをくぐって保育室へ帰りました。