SSTを活用した保育(きく組)

きく組でSSTを活用した保育を行いました。活動名は<動物なりきりサーキット>。活動のねらいは<サーキットを楽しみながら体を動かす>。最初の導入は、きく組の保育室で行いました。手遊びの後に、音楽を聴いて動物(ぞう・かえる・うさぎ)になりきって動きました。子ども達はノリノリで動物の動きを想像しながら楽しく歩き回っていました。次に、場所を遊戯室に移動してサーキット方式で各コーナー(うさぎ・さる・コアラ・くま・とり・自由)を回りました。コーナー毎に異なる動物になりきって活動する中で、様々な動きを通して身体能力を高める運動ができました。今後も、楽しんで活動することを大切に工夫を凝らしていきたいと思います。