「サケの話」(年長)に来ていただきました!

由良川でサケの放流事業を行っておられる岡本敏雄さんに来ていただき、年長の子ども達に「サケの話」をしていただきました。サケの卵から稚魚になり、大海を泳いで大きくなって生まれ故郷の川に帰ってくるまでを紙芝居を通して教えていただきました。池内幼稚園のサケは、1月6日に最初の稚魚が生まれ、その後2日間で全ての卵が孵化して稚魚になりました。現在、大きなお腹(さいのう)に栄養を蓄えて、元気に泳いでいます。3月初旬に池内川に無事に放流できるように大切に育てていきたいと願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サケのお家(石)を水槽に入れると、サケが石の下にみんな集まってきました。

やはり、マイホームがあると落ち着くようですね!