ぽかぽかの小春日和に外遊び!

今日は、12月中旬とは思えないほどの、ぽかぽか陽気に包まれました。お昼休みに園庭では、子ども達が所狭しと遊具を使ったり走り回ったりして遊んでいました。「23・24・25・・」と縄跳びを連続で跳んでいました。年長の子どもが、「今、小人を探しとるんや!」「こっち来て!」と呼ぶのでついて行くと、小さな箱庭を作ってそこに小さな枝を木に模して植えていました。そこに、小人を住まわせるのかな?砂場では、砂山を作ってその周りに水を流して遊んでいました。「これ見て!」と土団子を見せに来てくれる子もいました。鉄棒では、「逆上がりができるで!見て!」と得意気にやって見せてくれました。園庭の至る所に子どもの世界が広がっていました。