SSTを活用した保育(きく組)

きく組でSSTを活用した保育を行いました。活動名は「新聞ジャンケン」で、活動のねらいは、<ジャンケンの面白さを知る。◯様々な友達と関わる>です。最初に、遊びの約束を伝えました。約束は、<①同じタイミングでジャンケンする。②自分から友達に声をかける。>次に、遊び方を実演(モデリング)を通して知らせました。そして、活動開始!子ども達は、ペアを作ってジャンケンし、負けたら新聞を折っていきました。そして、途中でペアを交代し新しいペアを作ってジャンケンをしていきました。ペアを変わる時は、お互いに挨拶をして握手をして別れました。最後に、振り返りをして感想を交流しました。帰りは、新聞を並べて石橋を渡るように保育室に帰っていきました。