SSTを活用した保育(ばら組)

ばら組で、SSTを活用した保育をしました。活動名は、「◯、Δ、□を切って好きなものを作ろう!」で、活動のねらいとしては、「◯Δ□を線に沿って切り、何に見えるか想像し、描いたり、貼ったりする。」です。最初に担任が3つの約束①ハサミを持ち歩かない②線に沿って切る③分からない時や困った時は助けを求める。を話しました。次に、ハサミ・ノリ・クレパスの使い方のモデリング(正しいやり方を実演を通して示す)を行いました。そして、いよいよ制作に取りかかりました。自分が作りたい物を決めて、それに合った材料を選んで作りました。最後に、できた作品を持ってグループ毎に前に出て発表しました。担任からそれぞれの作品の良さや、制作中の頑張りを評価しました。できた作品は、保育室に展示します。